田中賢研究室メンバー紹介|スタッフから学生の紹介

九州大学拠点 田中賢研究室
山形大学有機材料システム研究推進本部 有機材料システムフロンティアセンター フロンティア有機システムイノベーション拠点 ソフトバイオマテリアル研究センター 田中賢研究室
  • サイトマップ
  • ENGLISH


tanaka lab

メンバー紹介

戻る
 田中 賢 (山形大学特任教授・客員教授) 
所属
山形大学有機材料システム研究推進本部
有機材料システムフロンティアセンター
フロンティア有機システムイノベーション拠点
ソフトバイオマテリアル研究センター
主な研究分野
バイオマテリアル工学、有機化学、高分子化学、細胞工学、再生医療、医療デバイス、バイオ界面科学、医工連携による基礎研究から製品化まで
Phone
0238-26-3840
Fax
0238-26-3840
メール
URL
http://yudb.kj.yamagata-u.ac.jp/OUTSIDE?ISTActId=SCHKOB0010RIni001&userId=100000297&lang_kbn=0
研究紹介
■バイオ化学工学科
http://bio.yz.yamagata-u.ac.jp/L_tanaka.html

【自己紹介】

2009年8月より新設学科に着任いたしました。
私は福岡で生まれ、神奈川・東京で育ち、札幌まで北上し、その後南下し米沢でお世話になることになりました。
これまで、テルモ(株)研究開発センター・富士宮工場・愛鷹工場、北海道大学・理学部・電子科学研究所・創成科学研究機構・ナノテクノロジー研究センター、科学技術振興機構さきがけ研究21、東北大学・工学部・多元物質科学研究所、ドイツマックスプランク研究所にて、高齢社会に貢献できる医療デバイスの製品化、自己組織化による再生医療用足場材料の創製、幹細胞やがん細胞の機能制御を行う材料の研究開発に携わってきました。
企業在籍時には、プロ意識を教えて頂きながら、多くの社員と助け合い、”探索基礎研究-特許-開発-品質保証-申請-上市-医療現場での営業”と一連の流れを経験しました。
また、それぞれの組織の文化の違いを体験して参りました。
いずれの組織においても、メリットに目を向け、それを可能な限り伸ばすように心掛けてきました。
社会人になったころの初心を忘れず、”顧客ニーズ”と”技術シーズ”の両面からのアプローチの重要性を、いまも念頭に置きながら仕事に取り組んでいます。
今後は、生体の分子(核酸、タンパク質、糖)・細胞・組織・臓器・個体レベルでの階層的組織構造・ダイナミクスと多彩な生体機能発現との関係を、新たに設計・合成した生体親和性物質および自ら開発したバイオ界面計測装置により明らかにし、生命現象の本質に迫ることができるよう、教育と研究に取り組みます。
これにより、バイオ化学工学分野のイノベーションを図ります。欧米からの直輸入ではなく、日本発のオリジナルな研究テーマを通じて、学生の成長をサポートできるように努めます。
近年、元気が良いと注目されている山形大学をバイオ化学工学のメッカにすることができればと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

【経歴表】
1996.3 北海道大学大学院 地球環境科学研究科 物質機能化学分野 博士前期課程修了
1996.4-2000.8. テルモ(株) 研究開発センター研究員
2000.9-2004.3 北海道大学電子科学研究所 電子機能素子部門分子認識素子研究分野助手
2001.12-2005.3 科学技術振興機構 さきがけ研究21 研究者(兼任)
2004.4-2006.3 北海道大学 創成科学共同研究機構 移植医療・組織工学 特任助教授
2006.4-2007.3 北海道大学 ナノテクノロジー研究センター ナノ材料分野 助教授
2007.4-2009.7
 東北大学 多元物質科学研究所 生体機能設計研究分野 准教授
 その間、ドイツマックスプランク研究所 客員研究員(兼任)
2009-
 山形大学大学院 理工学研究科 バイオ化学工学専攻 教授
 機能高分子工学専攻/物質化学工学専攻(兼任)現在に至る。
2011-
 内閣府 最先端・次世代研究開発支援プログラム -ライフ・イノベーション分野 研究代表者
2012-
 文部科学省 研究振興局 学術調査官(科研費新学術領域担当)
 日本学術振興会 博士課程教育リーディングプログラム
 山形大学フロンティア有機材料システム創成フレックス大学院教授
 北海道大学大学院歯学研究科非常勤講師
 九州大学先導物質化学研究所客員教授
 文部科学省 国際科学イノベーション研究拠点
 厚生労働省 医療イノベーション戦略革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業委員
 バイオマテリアル学会理事
 山形大学研究担当理事補佐

【実績】
論文・特許 約300件、人工心肺、ステントなどの製品化、高分子学会旭化成賞受賞など。

バイオ化学工学科担当講義
 ・バイオマテリアル工学
 ・遺伝子工学
 ・生化学(物質化学工学科)
 ・生化学概論(機能高分子工学科)
 ・バイオ化学工学実験
 ・バイオ化学工学英語
 ・バイオ化学工学入門

大学院担当講義
 ・生体機能分子化学特論

代表的な論文
下記リンク[ 山形大学研究者情報 ]をご覧ください。

論文
総説・解説
著書
特許

戻る

このページの先頭へ

ホーム
研究室紹介
進化し続ける それが山形大学。
最先端・次世代研究開発支援プログラム 生体親和性を有する医療用材料設計技術の基盤構築
ニュース・講演会
ロゴマークについて
リンク
バイオ化学工学科の紹介

スマートフォンサイト

スマートフォンサイト
スマートフォンからもアクセスできます。

関連リンク

山形大学 フロンティア有機システムイノベーション拠点(COI-T)
フロンティア有機材料システム創成 フレックス大学院
山形大学
科学技術政策
内閣府

ブックマーク登録

はてなブックマークに追加 MyYahoo!に追加 Googleブックマークに追加 del.icio.usに追加 Buzzurlに追加 Choixに追加


学生用コミュニティ(OB・OG・在校生用掲示板)
スタッフ専用掲示板