ホーム > バイオ化学工学科の紹介

バイオ化学工学科の紹介

工学部 バイオ化学工学科

ヒト細胞培養実習の様子

ヒト細胞培養実習の様子


生命科学と化学を融合させた新しい工学により医療・食品・化粧品・ヘルスケアで活躍する人材を育成します。


バイオ化学工学科は、生物や生命体の機能を解明しそれを応用する「生命科学」と原子・分子レベルで新たな物質を創り出す「化学」が融合した新しい工学分野です。
本学科では、工学の基礎から最先端のバイオテクノロジー技術までの幅広い専門知識を身につけ、医療、食品、環境、エネルギーなどの分野で活躍できる人材を育成します。

分子レベルでの設計から製品レベルでの実用化までを学び、社会に貢献できる教育・研究を行っています。


化学や生物が好きな高校生、大学生のみなさん、また、医療、食品、エネルギー、環境の分野で人類に貢献したいと考えているみなさん、ぜひバイオ化学工学科/バイオ化学工学専攻にトライしてください。
バイオ化学工学科/バイオ化学工学専攻の教員全員が皆さんの希望をかなえるべく最良のカリキュラムと設備を用意してお待ちしております。


山形大学工学部 バイオ化学工学専攻ホームページ


学びの特色

専門科目においては、化学と生物の学際的研究分野の授業を充実させることで、異分野融合研究の重要性を学ぶことができます。
これにより、学問の基礎をベースにさまざまな具体的な事象に対応し応用できる能力が育まれます。

アドミッションポリシー

  1. 勉学や科学技術に対してモチベーションが高く、何事にも積極的に取り組める人
  2. 基礎学力を身につけ、バイオ化学工学の新しい分野に挑戦できる人
  3. 社会の中で協調性と正しい倫理観を持って自ら行動できる人

2010年バイオ化学工学科パンフレット

在学生・卒業生の声

女子が多く、学年の壁を越えて仲が良い学科です。

(バイオ化学工学科2年 女子生徒)

無限の可能性が広がっているバイオの分野で、人々の生活を豊かにする「ものづくり」の知識・技術を学びたくてバイオ化学工学科を選択しました。工学部には珍しく女子が多く在籍しており、学年の壁を越えて仲が良いのが特色。

物理や化学、生物についてさまざまな研究室が充実しているので、幅広い視点から自分のやりたいことを見つけることができます。卒業後は大学院に進学し、高度な専門性を身につけて、社会に貢献できるような研究成果を残したいです。


学生生活を通して得た経験が、今後の糧に。

(物質科学工学科2011年3月卒業 女子生徒)

卒業研究のテーマは「癌細胞の接着と増殖を制御する足場材料の創製」。めざしたのは、血液中から癌細胞を活性化せずに採取する技術の確立です。

癌細胞を生体適合性ポリマー上で培養し、細胞がどのような接着形態および増殖性を示すかについて研究を行いました。

私にとって山形大学は、新しい学びや素晴らしい仲間と出会えた場所でした。4年間の学生生活を通して得た経験は、これから社会人として生きていく上での大きな糧になると思っています。

■卒業研究テーマ例(※2010年度卒業研究テーマより一部抜粋)

  • 卵子の体外培養・授精および凍結保存
  • 生体適合性物質による細胞機能制御と再生医療デバイス創製
  • 自己組織化反応による有機-無機ナノレベル複合体の創製
  • 液体・固体・気体などのミキシング性能に関する研究
  • 味や匂いのセンサー細胞の電気的なはたらき
  • 酵素パワーを利用した生物駆動型テクノロジーの開発
  • 新しい熱応答性材料の開発とそれらの医薬品への応用
  • 生体表面に着目した高機能食品・化粧品の開発
  • 医療や化粧品に使われる微粒子の合成
  • 低炭素社会に向けたバイオマス変換プロセスに関する研究
  • 反芻動物共生細菌のポリアミン合成制御機構に関する研究
  • 人間の生活圏内における有害物質の検出

■資格&就職&進学

取得可能資格想定される進路

高等学校教諭一種免許状(理科)

毒物劇物取扱責任者


想定される進路

約半数は本学または他大学の大学院へ進学し、就職希望者は、医療関係(製薬、医療機器メーカー)、食品および化粧品メーカーの研究者、さらに、環境・エネルギー開発に携わる化学メーカーに研究者や技術者として就職できます。

pagetop


進化し続ける それが山形大学。 最先端・次世代研究開発支援プログラム
pagetop